counter

Visual Basicサンプル

タイム・キーパー


学会などの発表時間の管理用に作成したアプリケーションです。第1予鈴、第2予鈴、終了鈴の時間を設定することができ、それぞれ、異なった音色で知らせます。また、現在時刻のデジタル表示、経過時間のデジタル表示及びアナログ表示を行います。経過時間のアナログ表示は、残り時間に応じて色が変わります。


なお、zipファイルの中に含まれているBell1st.wav、Bell2nd.wav及びFinish.wavファイルが、それぞれ、第1予鈴、第2予鈴及び終了鈴の音を収めたファイルですが、いずれも、Microsoft社のホームページで公開されているサンプル・サウンドです。お好みのwavファイルを差し替えていただく(ファイル名は、Bell1st.wav、Bell2nd.wav及びFinish.wavとしてください。)ことによって、お好みの音にすることができます。これらのファイルはexeファイルと同じフォルダーに置いてください。


VB.Net版(.Net Framework 1.1以降)

download timekeep.NET.zip
ソース・ファイル。binフォルダーに実行ファイル、wavファイル及びリソースアセンブリも入っています。
download timekeepexe.NET.zip
実行ファイル、wavファイル及びリソースアセンブリ。zipファイルに登録されているフォルダー構造に従って展開して頂き、exeファイルを実行すれば動作します。


特徴:
  • グラフィック表示をGDI+仕様で全面改訂により、SHAPEコントロールとLINEコントロールの廃止(VB.NETの仕様変更による)
  • wavファイルの再生(API)
  • 複数言語に対応可能なように、FormのLocalizableプロパティー及びLanguageプロパティー、System.Resources名前空間のResourceManagerクラスを使用

VB6版

download timekeep.zip(ソース・ファイル) / shortcutOneDriveへ timekeepsetup6.zip(セットアップ・ファイル)


特徴:
  • wavファイルの再生(API)
  • タイマー・コントロールの利用
  • 表示文字をリソース・ファイルから読み込み

改定日 内 容
1998/12/15 アイコンをロードする元データを、リソース・ファイルからイメージリストコントロールに変更。
2002/12/17 VB.Net版をリリース。
2003/1/25 WAVファイルを予めメモリ上に読み込んでおく方式に変更。(VB.NET版)
2004/1/29 アイコンをImageListコントロールに登録する方法を廃止。リソースとしてexeファイルに埋め込み、Assembly.GetManifestResourceStreamで呼び出す方法に変更。Form自身のイベントを、デリゲートを用いずに、FormのOn〜メソッドをオーバーライドして処理する方法に変更。(VB.NET版)
2009/5/19 VB6でプロジェクトが開けることの確認。セットアップ・ファイルをVB6により再作成。VB6より以前のバージョンは対応しない。
2015/3/8 VB6版セットアップ・ファイルの配布をOneDriveからに変更。