counter

Visual Basicサンプル

その他の便利なモジュール(オリジナル分)


UrlEncodeによるエンコード・デコード download urlencode.zip

<VB .NET対応> .Net Frameworkに標準でUrlEncodeの機能が用意されているので、ここで提供しているモジュールは不要です。System.Web名前空間のHttpUtilityクラスに、UrlEncode、UrlEncodeToBytes、UrlDecode、UrlDecodeToBytesの各メソッドがあります。


Base64方式によるエンコード・デコード download base64encode.zip

<VB .NET対応> .Net Frameworkに標準でBase64方式によるエンコード・デコードの機能が用意されているので、ここで提供しているモジュールは不要です。System名前空間のConvertクラスに、FromBase64CharArray、FromBase64String、ToBase64CharArray及びToBase64Stringの各メソッドがあり、Base64方式の文字列(String)あるいは文字配列(Char())と、バイト配列(Byte())の相互変換ができます。

改訂日 内  容
1998/04/24 デコードのモジュールを追加。エンコードについてはTune Upを行い、劇的に高速化。(というよりも、もとのコードが「大タコ」でした。文字列の連結を多用していたものを、Midステートメントに変更。)
1998/04/27 エンコード、デコードの両方のモジュールについて、さらにTune Up。数倍高速化。また、デコードのモジュールについて、プロシージャ呼び出しのインターフェイスを変更。


SJISコードとJISコードの相互変換 download jissjis.zip

<VB .NET対応> .Net Frameworkでは、System.Text名前空間のEncodingクラスを用いることにより、様々なエンコード方式のバイト配列とUnicode文字列の変換が可能です。また、あるエンコード方式から別のエンコード方式へ、バイト配列の変換を行うこともできるほか、TextStreamを組み合わせて、特定のエンコード方式のストリームの読み書きができます。エンコード方式は、最も基本的なもの(とMicrosoft社が考えているもの?)として、ASCII、BigEndianUnicode、Unicode、UTF7、UTF8が標準で用意されていますが、これら以外にもGetEncodingメソッドで"shift-jis"、"x-sjis"、"euc"、"iso-2022-jp"などと指定することができます。したがって、ここで提供するモジュールは不要です。


各種APIの利用 download apiutility.zip