counter

Visual Basicサンプル

インターネット・ファイル・ダンプ


あるURLからHREFでリンクが張られている複数のjpgファイル、あるいは、URLを容易に推定できる複数のjpgファイルを、すべてダウンロードします。ifdmpexe.NET.zipにはexeファイルのみが含まれていますが、.Net Frameworkがインストールされている環境ではexeファイル単体で動作します。


VB.Net版(.Net Framework 1.1以降)

download ifdmp.NET.zip(ソース・ファイル) / download ifdmpexe.NET.zip(実行ファイル)


特徴:
  • HttpWebRequestクラスによる非同期動作の利用により、インターネット・トランスファ・コントロール廃止
  • 異なるスレッドの非同期動作から安全にイベントを発生させるためのInvokeメソッドの使用
  • CollectionBaseクラスを継承して独自のCollectionを作成
  • MemoryStreamに格納したjpgファイル又はgifファイルのピクチャ・コントロール上への表示
  • MemoryStreamの利用によりテンポラリファイルの使用廃止
  • HTMLからのタグの抽出に、System.Text.RegularExpressions名前空間のRegexクラスとMatchクラスを使用
  • SHBrowseForFolder API(その他関連API)の利用により、ネットワーク対応のディレクトリ選択ダイアログを廃止

VB6版

download ifdmp.zip(ソース・ファイル) / shortcutOneDriveへ ifdmpsetup6.zip(セットアップ・ファイル)


特徴:
  • インターネット・トランスファ・コントロールの利用
  • jpgファイルのピクチャ・コントロール上への表示
  • HTMLからのタグの抽出
  • テンポラリファイル名の取得と作成(API)
  • ネットワーク対応のディレクトリ選択ダイアログ
  • ネットワーク資源の列挙(API)

改定日 内 容
1998/02/17 DirSelect.frm、DirSelect.frxを改訂。ネットワーク対応のディレクトリ選択ダイアログ。Main.frmを改訂。ダウンロード中のネットワークエラーに対応。ウィンドウの最小可が可能に。
1998/02/27 Main.frmを改訂。ダウンロード中のネットワークエラー発生時に、再試行する。ネットワークエラー発生時に、一つ前に正常にダウンロードしたファイルが誤って再び保存される不具合を修正。
1998/03/09 UrlService.basを改訂。"A HREF ="に続くjpgファイル名がダブル・クオテーションで囲まれていないときに、jpgファイルと認識できずにスキップしていた不具合を修正。DirSelct.frmのファイル名、クラス名を変更。(DialogDirSelect2)
1998/03/10 UrlService.bas、Main.frmを改訂。文字列(URLとHTMLコンテント)の取り扱いにLIKE演算子を導入。キャプションなどの表示を英語化(すいません。)
1998/03/12 DialogDirSelect2.frmを改訂。ダイアログの細かい動作不具合を修正
1998/06/22 Window Styleを、固定ダイアログに変更。コンテントのダウンロードを途中でキャンセルできるように変更。ダウンロード・ルーチンの構成を変更。DialogDirSelect2.frmを改訂。ダイアログの動作不具合を修正し、新しいディレクトリを作成できるようにした。
1998/07/08 メインのWindow Styleを、固定(実線)に変更。ダウンロード中の最小化表示を可能にした。
1998/07/13 アイコンを追加しました。
1998/08/05 HTMLを操作する関数や、Option Compareを修正。HTML解析の速度を劇的に向上。大きなHTMLをダウンロードしたときにHTMLの表示に時間がかかる問題と、大きなHTMLから画像へのリンクを拾い出してダウンロードを開始するまでに時間がかかる問題を修正。
1998/08/13 選択したページ内からjpgファイルへ張られているリンクを、すべて、最初に表示し、ダウンロードするファイルを選択できるように修正。ページを指定するテキストボックスに、urlショートカットをDrag & Dropできるように修正。
1998/09/18 DialogDirSelect2.frmを改訂。ダイアログの動作不良(ディレクトリの作成及び削除)を修正。
1998/11/24 URLを入力する部分をテキスト・ボックスからコンボ・ボックスに変更。一度入力したURLが記憶される。HTMLを表示する部分をテキスト・ボックスからリッチ・テキストに変更。長いHTMLでも表示できるようになった。自動的ダウンロードするjpgファイルを指定する方法を2種類用意。Autoは従来どおりリンクが張られているjpgファイルを自動的に選択する。Manualはjpgファイルのurlが容易に推定できる場合に、urlの基幹部分、urlのうち数字で表示されている部分の書式と数字の範囲、urlの終端部分(通常は拡張子)に分けて入力する。
1999/03/22 ログファイルに記録されるタイムスタンプが不正になることを修正。一部のダイアログボックスの動作を高速化。
2002/12/16 VB.Net版をリリース。
2002/12/29 (VB.Net版)httpの通信を受け持つHttpConnectionクラスの機能を簡素化し通信機能のみとする。通信機能以外はMainへ実装。またHttpConnectionクラスにPOSTによるデータのアップロード機能も追加(ただしこのプログラムでは未使用)。
2009/5/19 VB6でプロジェクトが開けることの確認。セットアップ・ファイルをVB6により再作成。VB6より以前のバージョンは対応しない。
2015/3/8 VB6版セットアップ・ファイルの配布をOneDriveからに変更。