counter

Visual Basicサンプル

フォルダ・シンクロナイザ


一種のブリーフケースのようなもので、2つのフォルダ(サブフォルダも含む)の個々のファイルの変更日時を比較し、古いファイルを新しいファイルで上書きします。また、欠落したサブフォルダがあれば作成し、欠落したファイルがあればコピーします。フォルダの指定はエクスプローラからのドラッグ&ドロップによって行います。


VB.Net版

download fsync.NET.zip(ソース・ファイル)


特徴:
  • Dir関数の代わりにDirectoryInfoクラスを使用
  • FileInfoクラスを用いてファイルの更新日時の比較。Windows 9x系の場合、タイムスタンプは2秒間隔なので要注意
  • FileCopyステートメントの代わりにFileInfoクラスのCopyToメソッドを利用
  • ドラッグ&ドロップ
  • SHBrowseForFolder API(その他関連API)の利用により、ネットワーク対応のディレクトリ選択ダイアログを廃止

VB6版

download fsync.zip(ソース・ファイル)


特徴:
  • Dir関数によるサブフォルダも含むファイルの列挙(再帰呼び出しによる)
  • ファイルの更新日時の比較。Windows 9x系の場合、タイムスタンプは2秒間隔なので要注意
  • FileCopyステートメントの利用。このため、使用中のファイルは正常にコピーできません。
  • ドラッグ&ドロップ
  • ネットワーク対応のディレクトリ選択ダイアログ(改訂)
  • ネットワーク資源の列挙(API)(改訂)

改定日 内 容
1998/03/12 操作対象のディレクトリを選択する方法として、ドラッグドロップに加えて、キーボードからの入力とディレクトリ選択ダイアログの利用を追加。
1998/06/10 進行中の操作内容の表示を改善。操作完了後に表示を更新していたものを、操作着手前に表示を更新するように変更。大きなファイルをコピーする場合、コピーしているファイルの名前が適切に表示されなかった問題を解決。
1998/09/28 DialogDirSelect2.frmを改訂。ダイアログの動作不良(ディレクトリの作成及び削除)を修正。
1998/11/24 FolderSync.frmを改訂。相当に長い名前のファイルをコピーする際にエラーが発生する障害を修正。
2003/7/26 VB.NET版をリリース
2003/8/19 VB.NET版で、ファイルの新旧比較の誤り(同一ファイルの更新日時を比較)のため新旧の差があるファイルの差し替えができない不具合を修正。
2009/5/19 VB6でプロジェクトが開けることの確認。VB6より以前のバージョンは対応しない。