counter

Visual Basicサンプル

動作環境について


サンプル提供の大前提

基本的に、ソースコードをご覧頂いて皆さんの開発作業の参考にしていただくことが目的ですので、皆さんのお手元には開発環境が整っていることが大前提となります。また、コンパイル後の実行環境へのインストールの詳細については、実行環境に依存する側面が非常に大きいので、実務現場で皆さんご自身で解決していただくことになります。


Visual Basic及びOSのバージョンについて

ここに掲げられたサンプルは、Visual BasicのVer6のもの(各ページでは「VB6版」と表記)と、.Netのもの(各ページでは「VB.Net版」と表記)があります。2009年5月19日に、それまで掲載していた古いプロジェクトがVB6で開け、コンパイルできることを確認するとともに、VB5で作成したセットアップ・ファイルを廃止しVB6で作り直しました。OSに関して、VB6のサンプルは、Windows 9x系(95、98、Me)、Windows NT系(4.0、2000、XP)で動作するはず、つまり、サンプルはOS依存性が発生しない範囲で作成してありますが、すべてのOSで動作確認をしたわけではありません。参考までに、私の現在の開発環境はOSがWindows XPです。VB.Netのサンプルは、基本的にWindows 2000とXPで.Net Frameworkの1.0、1.1又は2.0がインストールされていることが前提になります。Frameworkのバージョンさえあっていれば、さらに古いWindows 98、Me、NT 4.0(sp6)でも原則的に動作するはずです。


Windows VISTAについては、私の手元に環境が無いため、わかりません。


提供するファイルの形式

ダウンロードするファイルは、すべてzip形式ですので解凍のうえご利用ください。固められているファイルは、Visual Basicのソースコードです。一部セットアップファイルを用意してあるものもありますが、上述のとおり、原則的に、ご利用いただく環境に合わせてご自分でコンパイルしてください。説明用のdocファイルも入っている場合がありますが、docファイルはWord形式です。PDFファイルにしたものも付けています。


.Net Frameworkの環境構築

.Net Frameworkは、5つのバージョン(1.0a、1.1、2.0、3.0、及び3.5)がリリースされており、Microsoft Developer Network(MSDN)ホームページの.Net Frameworkダウンロード用ページから入手できます。


(2009/5/19)